常磐予備校

合格者の声

合格者の声

令和2年度大学受験合格者

合格者

東京医科歯科大学医学部医学科進学
N.T.さん
江戸川学園取手高校卒
防衛医科大学・昭和大学(特待合格)・慈恵会医科大学合格

私が受けた推薦入試ではセンター試験が重要だったので、基本的にセンターの勉強をして飽きたら応用問題を解くなどして私立対策をしていました。また、過去問を中心に勉強していました。私はメンタルが弱く、受験前は不安で泣くことも多かったのですが、一緒に受験を頑張る友達やチューターの先輩方にたくさん励まされて乗り越えることができました。整った自習環境や授業だけでなく精神的な面でも常磐予備校にお世話になりました。これからはチューターとして常磐予備校に携わり、受験に頑張る後輩を支えたいと思います。

合格者

筑波大学医学群医学類進学
H.A.くん
江戸川学園取手高校卒

理科が得意だったので学校よりも早く授業が進むカリキュラムは相性がよく、受験期に数学・英語に集中しても高いパフォーマンスを出すことが出来ました。トキヨビは自習目的で利用することが多かったですが、授業で身につけたことの方が多かったように感じます。また気軽に質問でき、それに対して素早く的確に答えが返ってくる環境は非常に稀有なものでした。僕の進学先は筑波大学と近場なので、優秀なチューター陣の一人としてトキヨビに通います。入校する方はよろしくお願いします。

合格者

秋田大学医学部医学科進学
A.N.くん
江戸川学園取手高校卒
獨協医科大学合格

僕が受験期に心がけていたことは基礎を徹底することと取りこぼしをなくすことの2つです。受験勉強が本格化した時期に、僕の学力では入試問題を解くために必要な知識や演習が足りていない状態でした。周りの勉強が出来る人がハイレベルな演習をしている時に基礎固めに戻ることには不安もありましたが、今になって考えるとそこで復習をしたことが最後まで支えてくれる力になったと思います。

また実力が低いからこそ本番で獲れる問題を落とさないよう、計算ミスを減らしたり時間配分などを常に考えるようにしていました。

受験勉強をしていく中で思うようにいかないこと失敗したことなど色々なことで追い込まれたり、不安になると思います。そんな時にも自分がやっていることが力になると信じて折れることなく頑張ってください。

合格者

筑波大学医学群医学類進学
C.I.さん
江戸川学園取手高校卒
昭和大学・東京女子医科大学・獨協医科大学・聖マリアンナ医科大学合格

私は、気持ちの持ち方についてお話しします。受験期は思っていたより精神が不安定にはならなかったかなと思います。その理由は、季節のイベントなどをトキヨビの仲間同士で楽しんで息抜きをする機会を度々設けていたからだと思います。そこで友達と喋ったりすることで笑顔になっていました。そのために日頃から勉強には手を抜かなかったので、メリハリが大切だと思います。私立受験が始まると同じ学校を受けても自分だけが落ちるということがありました。そういった時にはくじけそうになりましたが、今自分がそのことを気にして勉強に手がついていない間に受かった人は勉強していて、それだったら追いつくこともできないと思い、気にしないようにしていました。

合格者

秋田大学医学部医学科進学
K.C.くん
江戸川学園取手高校卒
帝京大学合格

医学部受験は想像以上に厳しい道のりでした!それでも僕がそれを乗り切ることができたのは、トキヨビで毎日夜遅くまで一緒に自習し切磋琢磨した仲間達、分からないことがあればすぐに質問できるチューターや先生方のおかげだと感じています。特に受験校を決める際に、チューター方や先輩方の模試の結果等のたくさんのデータを基にして、じっくり相談できるのはトキヨビならではの環境だと思います。チューターや先生方は医学部受験を知り尽くした方々なので、勉強内容も細かく教えて頂けてスムーズに学習できると思います。

合格者

弘前大学医学部医学科進学
R.M.さん
江戸川学園取手高校卒
獨協医科大学・東邦大学合格

私は弘前大学医学部医学科に合格しました。

受験をする上で1番大切なことは目標を持つことだと思います。受験をする上での目標、また人生の目標は医師になり多くの人を救うことでした。私の第1志望校は筑波大学でした。しかしセンターの結果を踏まえ受験校を変える決断をしました。私がこの選択を悔いなく出来たのは明確な目標があったからだと思います。目標を明確に持つことで色々な人の意見にも耳を傾け最善の選択ができると思います。

合格者

筑波大学医学群医学類進学
R.I.さん
江戸川学園取手高校卒
防衛医科大学・昭和大学・東京女子医科大学・獨協医科大学・東北医科薬科大学合格

高1、高2は英語と数学を中心に勉強していました。理科は本格的には高2の春休みから始め、苦手な範囲は繰り返して勉強していました。高3になり精神的に辛くなった時は応援ソングを聴いて自分を奮い立たせ、最後まで諦めずに頑張ることができました。トキヨビの最大の魅力は、医学部や東大に合格した受験の先輩であるチューターが多くいることです。私は勉強の質問はもちろん、自分の第一志望校に合格した先輩方に勉強法や面接のことについて、分からないことがあればすぐ質問するようにしていました。私もそんなチューターとして皆さんの志望校合格のお手伝いができたら幸いです!

合格者

東邦大学医学部医学科進学
T.M.くん
東洋大学附属牛久高校卒

今までの自分のやり方では目標の点数には届かないと思い、講師の方や、チューターさんの指導のもとでコツコツと勉強を続けてきました。途中でつらくなったり、くじけそうになったりした時がたくさんありましたが、医学生チューターさんの大学での話などをモチベーションに昇華して頑張りました。残念ながら、浪人時のセンター試験は失敗してしまい、正直心が折れ、諦めかけていましたが、それでも最後までやりきりました。その結果として、繰り上がりという形で合格を勝ちとることができました。天から垂らされた蜘蛛の糸をつかみとることができたのは、それまでの間ひたむきに頑張ってきたからだと思います。私を支えてくれた人々には本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。

合格者

千葉大学医学部医学科進学
K.S.くん
江戸川学園取手高校卒
防衛医科大学・慈恵会医科大学合格

私は後期試験で千葉大学医学部に合格しました。高校一年生から懸命に受験勉強を始めました。英国数を重点的に勉強するだけでなく、物理を先取りして勉強しました。この一年間で、周りの友達との差をつけることができたのではないかと思います。高校二年生と三年生は受験勉強を本格的に行いました。地道に、少しずつ前に進んでいきました。そのおかげで、三年間東大理IIIを目指し続けることができました。高校三年生で特に注意したのは、自分の自己分析です。第一志望に合格するために、自分に足りない部分を考え、苦手な部分に取り組み、解消することで、自分の学力をさらに伸ばすことができたと思います。私の場合、最大の課題は英語でした。夏休みになり急に文章が読めなくなってしまいました。その克服のために構造解析、精読からやり直しました。そのおかげで、それなりに英語を伸ばすことができたと思います。それでも不足していた部分もあります。それは、予習、復習、自習の時間のバランスです。先の勉強を進めるだけでなく、復習をあまりしないままであったため、非常に効率が悪くなったのではないかと思います。トキヨビでは、授業や自習だけではなく、チューターへの相談をすることができ、有意義に過ごすことができました。また、夜遅くまで自習することができ、自分の学力をさらに伸ばすことができました。模試の結果が悪く、落ち込んでしまうこともありました。それでも、次の日から机に座ってペンを動かすことで、徐々にやる気が出てきました。受験勉強は大変で苦労もあると思いますが、いつかは合格します。その日に向かって、頑張ってください。

お申し込み・お問い合わせ

無料体験通塾のお申し込みはこちら

入塾をご検討中の皆様に1週間の無料通塾体験もございます。こちらからお申し込みください。

体験通塾

入塾のお申し込みはこちら

入塾ご希望の方はこちらからお申し込みください。

入塾申し込み

パンフレットや資料のダウンロードはこちら

パンフレットのダウンロードや詳しい資料等ご希望の方はこちらからダウンロードができます。

資料請求

その他お問い合わせはこちら

その他のご質問、毎週土曜日15:30~16:30実施の「現役合格ガイダンス」のお申し込み、内部生の面談などはこちらからお申し込みください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0297-86-8226受付時間9:00〜19:00

TOPへ戻る